スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遂に完結!!(でも、二人のお話は終わらない)

 もう六月も終わりに近づいてますね。もう夏じゃないかwww

 いつまで春なんだよ、と突っ込まれる前に早めに告知しておきます。

 そそわジェネに二色の「花嫁」と七色の「花嫁」とこの美しき恋色の幻想郷 を投稿しました。

 この作品を持って、春のマリアリ連作は終了となります。
 
 この作品は、言わば幻想郷の結婚式ってどんな感じなのかな?という素朴な点から膨らませて書いて行きました。一応、ほぼ全ての幻想郷出身者を出演させる事に成功させると共に、会話シーンや地の文の描写など色んな点に気を付けて書きました。(でも、誤字が多かったのは素直に反省)


 3か月、8本のSSで一つのストーリーを創り上げるのは正直かなり難しかった。全て前の話の内容を引き継ぐので、伏線、心理描写等を全て共有させなくてならず、矛盾が出ないように書くのは難しい事と言う事が良く分かりました。
 
 なお、伏線は敢えて残してあります・・・


 理由は、夏の連作が既に始動しているからです。


 結婚し、幸せの絶頂にある魔理沙とアリスは海を見に、と、ある実在の街に観光目的で現代入りします。そこで紡がれる二人の甘い甘い、新婚旅行の思い出。見るもの、聞くものすべてが二人にとっては未知の物。
 虚構の中のリアルと、幻想郷では出来なかった演出を沢山盛り込んで描く二人の旅物語の最後に待つものとは・・・

 
 と、いった感じで3話~4話の旅紀行文になります。

 まぁ、平常運転の甘い話もありますので、そっちにも期待して下さい。(クライマックスのシーンで凄くイイ雰囲気になっていたので・・・・おぉっと!)

 それでは、次回の更新でお会いしましょう!

 
スポンサーサイト

たまには映画だって見るんです。

 マリアリと百合の信奉者である、タナバンも映画位は見に行くもんです。

 今日は仕事が半ドン、それにシネモザイクが割引になってるとあって、これはいいチャンスだと思って劇場に足を運びました。

 今日見たのは、最近特撮業界の中でもホットな新作・・・


「ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦」

である。


 タナバンは元々スーパー戦隊が大好きで、物心ついてから今に至るまで、ずっと見続けてきた上、生まれる前の昔の作品も親父と一緒にビデオまで借りて見たという筋金入りのスーパー戦隊スキーである。

 で、35周年記念作品である「海賊戦隊 ゴーカイジャー」は、過去の戦隊とのクロスオーバーも展開されるため毎週楽しみにしてて、7:30~8:30、仮面ライダー000と合わせて特撮を満喫するのがタナバンの日曜日の朝である・・・(注:プリキュアは見てませんwww)

 そんなゴーカイジャーがゴセイジャーや他の戦隊と一緒にスクリーンで大暴れする上、ご本人様出演多数との情報を聞いたので、見てみようと思ったのが、そもそものきっかけだ。






 で、感想だけど・・・(ネタバレ注意)








「終始バトルづくしで、そんなのが大好きなタナバンでもお腹いっぱいの80分でした。」 

 と言う位、激しい戦闘が続きます。ドラマパートで、懐かしい三人が邂逅しちゃったりする一幕はありますが、終始何かと戦ってます。そして、シリーズファンなら笑えるネタも非常に多い。また、過去の戦隊の攻撃は過去の映像のリマスター版なのかな?
 てぇか、10人+1体を倒すのに敵の怪人一体倒す兵器をそこまで集中運用するのもどうなんかと思う位に撃ちまくります。というか、戦隊におけるバズーカーはお約束なんだなぁと言う事も実感しましたね。しかし、ゴーカイジャーには専用のバズーカーはまだ無いんですよねー。
 個人的には初代バズーカーである、パワーバズーカー(チェンジマン)の奴が一番好きですなw
 
 最後の巨大ロボ戦も、個人的には滅茶苦茶感動しました。東方のスペルカードみたく、とにかく凄まじい正義の攻撃が連続で唸ります。また、スーツが現存するロボはCGやリマスターや合成ではなくちゃんと共闘しているのも見逃せないですね。


総評としては、スーパー戦隊が好きであれば、見ておいて絶対損は無い作品です。



 この映画からは、諦めなければどんな困難も乗り切れると言うスーパー戦隊のお約束を教えて頂きました。タナバンにはスクリーンの向こうのヒーローのような能力は無いけど、スーパー戦隊の魂は持つ事は出来る。
 
 
 人生の困難にも、決して諦めないスーパー戦隊の魂を持って立ち向かっていきたいと思います。
 
 
 
 SSの方も順調で、今週末~週明け位に公開できる見通しです。

 ではでは、次回の更新でお会いしましょう!!




SS更新のお知らせでございっ!

六月初めにして梅雨明けという言葉を聞くとは・・・

近畿はまだだけど、なんか今年は雨が降らない梅雨になりそうな気がせんでもないなぁと思う今日この頃。

そそわジェネに「家族」になる私達と「家族」をもつ私達とプロポーズ を投稿しました。

 この作品は、養子縁組の名の通り、フランドールがマリアリ夫婦の所に一日だけ養子になりに行きます。普段は二人で仲良くしてる所に、もう一人登場人物を入れたらどうなるか・・・と言うのも想像しながら書きました。
 
 ・・・しかし、フランが養子になる事自体は、個人的には何ら違和感が無かった件についてw

 普段は自由に外を歩けないフラン、が自由に外を歩いて色んな物を感じる姿を楽しんで頂けると嬉しいです。

 
 そして・・・魔理沙が女を見せますw

 
 最愛の人と共に生きる事を確認し合うシーンも、本作の見どころの一つですねー

 
 ―さて、前回の倍の8作にわたって繰り広げられてきたこの春の連作も、いよいよ次回が最終回です。

 幻想郷の結婚式と披露宴の楽しげな雰囲気と、幻想郷一幸せな魔法使いの夫婦の門出を、余すところなく、オールキャラ総出演で書いて行きたいと思います。

 ではでは、また次回の更新でお会いしましょう!!

 
プロフィール

タナバン=ダルサラーム

Author:タナバン=ダルサラーム
ジム系量産機マニアのガンプラビルダーのSS書きで、東方(マリアリ)艦これ(高雄さん)と百合とカレーを愛する、生粋のガンランサーで戦闘機乗り。

プロフ画像は、自作のマイジム、ツイッターのアイコンにもなっているRMS179C+FXA-05DC ハイパージム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。