2013年 大⑨州東方祭7レポート(後篇)

 ここまでのあらすじ

 相棒不在であった大⑨は、時枝氏の協力もあり無事終了。モツ鍋を食べて、心地良くなったタナバンは、意識を持ってかれてしまった。
 快適な室温のため、風邪の心配はなさそうだが…そんな心配も虚しく身体は全く動かず、ただ眠るタナバンであった‐

 後編 タナバン少佐のぶらり一人旅編
 
2月4日 3:00

 気が付いたタナバンが時計を見ると、日付が変わって真夜中の三時。 着替えずに寝てたという大惨事である…(ドヤッ
 …だが、流石に着替えないのもアレなので寝巻に着替えて二度寝を決めておく。

 6:00

 二度寝から復活。熟睡できたようで、体調もばっちりだ。大浴場が使用可能になったので、のんびりと大きな風呂で一時を過ごす事に。
 大きなお風呂でのんびりできるのは…日本人で良かったと思う瞬間である。

 7:30

 お風呂で寛ぎ、再び部屋でのんびりとしていたが空腹を覚えたので食事に。今回の宿舎の朝食は、和食メインのバイキング形式。外を見ればあいにくの天気であったが、外を散策するのには腹が減っていてはどうしようも無い訳だ。
 しっかり食べて、コーヒーも飲んで英気を養ってから再びお部屋に。心地良い眠気が再度襲って来たので、しばしまどろんでいると、時間はあっという間に9:40分。
 チェックアウトの時間が迫っているので、とりあえず東急インを後にした。

 11:00

 あいにくの天気の中、色々と彷徨ったタナバンは北九州市漫画ミュージアムへ向かう事に。途中、堅パン(八幡名物・非常に固いパンである)を発見したり、色々とお土産の目星を付けて居たりする。
 さて、この漫画ミュージアムをどうして知っていたか?以前、早起きした時に偶然見ていたテレビ番組(旅行物)で、紹介されていたのを覚えており、一度言ってみたいと思っていたのだ。
 さて、ここ九州と言うのはかの巨匠・松本零士の故郷であるため、このミュージアムの入場チケットにはメーテルが描かれ、案内人までメーテルコスと言う気合いの入りよう。
(個人的には、ヤマトが大好きなので、森雪の制服の方が個人的には良かったような気がするが、これは言ってはいけない様な気がするので割愛)
 館内に侵入したタナバンは、貴重な松本氏の古い作品を拝みつつ先に進むとある物が目に入って来た。
 …そこは、同人誌に関する項目。昨日の大⑨の行われた会場では、古くからこうした同人イベントが開催されているのだという。ほへーと思いながら文章を読み進めていると、何処かで見た事がある絵が目に付いた。

 その絵を見て、その下を見ると…

Σ(タナ凸)<翠さん、さくらさん! 貴女方がどうしてここに!!

 ねこ屋敷様のお二方である、道理で見た事があったイラストのハズだ。軽くびっくりしてから、中央の方に進むとこれまた九州に馴染みの深い作家の色紙のお出迎え。
 書かれている人は大きな顎がトレードマークの(個人的には漫画史上)最高の父親・荒岩一味、クッキングパパの作者・うえやまとち氏の物である。
 さて、このクッキングパパはタナバンが物心ついて最初に振れた漫画である。当時はまだ15~16巻位しか出てなかったように思うが、今や120巻を越える長寿漫画に。あのほんわかとした雰囲気が自身の作中の雰囲気に与えている所は決して少なくは無い。
 そんなうえやま氏のトークショーが過去に行われたようで、その時のビデオを閲覧する事が出来たので、しばし閲覧。あれだけの人の前で臆せずに講演して、色紙を一発書き出来るのは、やはりプロと言った所か。
 だが、相棒も書き慣れないキャラを綺麗に書いてきたのを鑑みると、やはり絵を描く人の凄さを思い知った。(ちなみに練習はしているが、タナバンの絵はまだまだ実戦レベルでは無いのでまだまだ見せられないという、ね)
 その他にも、多数の漫画の蔵書があったので、名前だけは知っているが展開を知らない漫画を多数読んだりもした。

そこでは、造り手の数だけ、物語があって、その様々な物語が人を感動させてくれた。

 様々な漫画のシナリオ運び等の差異を比べつつ、時には変則的な展開も交えながら進む展開の動かし方等を大いに学ぶ事が出来た。見せ場、それに至るまでの魅せ方、文章で何処まで書けるかは分からないが、今後の創作の参考にしたいと思う。
 様々な先人たちの創作に振れて創作意欲をフルチャージする事が出来たタナバンは、大満足で北九州漫画ミュージアムを後にした。
 小倉の駅へ向かっていると、キャプテン=ハーロックの像を発見。偉大な宇宙海賊の像に見送られながら、九州旅行最後の目的の、とんこつラーメンを食べに行く事にした。

 12:30
 
 小倉駅から南に歩く事10分ほど、魁龍小倉魚街店に到着。店のドアを潜ると、濃厚なとんこつの香りが漂い、食欲が沸いて来た。メニューはシンプルで、とんこつラーメン系列一本で、その中でも一番具だくさんな魁龍ラーメンを注文、餃子(五個150円と安価)と共に食す。
 神戸でも本格的なとんこつラーメンは食べられるが、九州の物はより濃厚な味がしてこってりとしていて美味い。癖になる味を堪能していると、あっという間に麺が無くなったので、替え玉も頂く事に。(味が濃いのは替え玉をする事を想定しているのかなぁと同時に推測)プライベートで九州に来るのは3度目だが、三度目にして、いい一杯に巡り合う事が出来たのは、幸運であった。
 運の良さに感謝しつつ、預けていた荷物をロッカーから引き出して帰りの新幹線に飛び乗った(しかもさくらである。)

13:30

 タナバンを乗せたさくらは、神戸へと向けて走り出した。徐々に遠ざかる⑨州に、不意に後ろ髪を引っ張られるような感じがして思わず車窓から後ろを覗きこんだ。短い滞在であったが、とっても素敵な思い出をくれた⑨州の地。
 
 そんな素晴らしい場所に、今度は相棒と共に行けたらいいなぁと思いながら神戸への帰路をひた走る。

 今年で、三年目を迎えるこの同人活動。年が変わっても、考える事はずっと一緒。これからもイベントを通じて素敵な出会いと人々の交流を重ねて…もっと凄いSS書きになるのだ。

 そんな決意と共に、タナバンの⑨州遠征の幕は降りていくのであった…

 2013年 大⑨州東方祭7イベントレポート ~タナバン少佐、⑨州を急襲せよ!~

 文責 タナバン=ダルサラーム
 頼れる相棒(今回は不在) ゼンマイじかけ

 
 タナバンの新刊にゲスト参加してくれた人達(敬称略)


 工場長
 あぶそる
 Zillionmoroha

 スペシャルサンクス
 大⑨州東方祭・サークル参加並びに一般参加の皆様
(特にサークルに遊びに来てくれた皆様に感謝!)
 大⑨州東方祭・スタッフの皆様
ツイッターのフォロワーの皆様
 オリオンツアー
 小倉東急イン 
 爆安居酒屋くぅ~ちゃん
 ラーメン魁龍小倉魚街店
 原稿作業中に遭遇した連邦軍・ジオン軍将兵の皆様

 時枝ゆーと

 そして、このレポートを読んでくれた全ての人に

 ありがとう。

 2013年2月17日 タナバン=ダルサラーム
スポンサーサイト

2013年 大⑨州東方祭7レポート(前篇)

 
 2013年 2月3日 AM5:00 壇ノ浦SAにて

 夜行バスで揺られる事7時間余り。明けぬ夜の帳の向こうに、関門橋と⑨州の灯が見えた。ここまでくれば、間も無く⑨州は小倉。2013年初のイベント、大⑨州東方祭7の会場は目と鼻の先である。
 諸事情により、イベント経験が豊富でいつも的確なアドバイスをくれる相棒・ゼンマイじかけ君が不在である今回の大⑨…

 イベントでは初めての⑨州遠征で、タナバンを待ち受ける物とは…!

 このレポートは、マリアリとガンランスを愛するジム乗り(少佐)タナバンの大⑨参戦記録である…

 2013年 大⑨州東方祭7イベントレポート ~タナバン少佐、⑨州を急襲せよ!~
 
 前篇 タナバン少佐 in イベント編

 AM5:46

 三ノ宮から揺られる事7時間あまり、小倉駅付近の夜行バス停留所に無事到着。つい最近、カナダへ飛行機で移動する際10時間位座席に座ったり立ったりしていた事を思うと今回の移動はかなり楽な物であった。
 TLでは上陸、もしくは移動をする方の呟きが散見。以前ゲスト参加してくれた双角(大尉)も到着した旨の呟きが見られる等、イベント前に相応しい空気が漂う。
 だが、腹が減っては戦は出来ないのとこの寒さを凌ぐために小倉駅付近をしばし彷徨い入れそうな店を探した。
幸いな事に、すき家やミスド等が駅の南側にあったので、そこを渡り歩きながら開場までの時間を過ごした。

 AM 8:21

 のんびりと寛いだ所で、ちやほやと会場前入りの情報を聞いたので移動開始。今回の会場である、西日本総合展示場前に到着。暫く近くの建物内で寒さを凌いでいると、30分早くサークル入場が始まった。
 
入場前に事前に連絡を取っていた「時枝ゆーと」氏との合流のために連絡を取る。

 相棒が諸事情で今回のイベント行きを見送った直後に、協力を要請した所二つ返事で承諾を頂けたこの時枝氏。タナバンとのオフ会での同席率が高く、SS書きと言う事もあり意気投合。大⑨新刊でもゲスト原稿を提供して下さった、今回のイベント最大の功労者である。

 連絡は容易に付き、自分が入場して間も無く現地入りした時枝氏と合流。完成した新刊を受け取って、サークル設営開始。今回のお隣は、SS書きの梯子のぼり(梯子屋)氏と絵師の凡(RUMP)氏。凡氏とは、同じマリアリスキーだったため話も弾んだ。(何処かで見た事がある絵柄だなぁと思っていたら、帰宅後に、過去に買ったマリアリ合同誌に参加されていた事を知る事になる。)
 色々と話をしながら、レイアウトを考慮しつつ新刊やら本日の売り物を設置。時枝さんも持参してくれた自身の本を並べて、我が売り場に華を添えてくれた。仕上げに専用ジム(!?)を設置して、設営完了。
 時枝さんとイベント中の行動に付いて協議していると、椰麟祭のゲスト原稿や紅楼夢の串カツオフでもお世話になった双角大尉(タナバンのバトオペの階級が少佐に上がったため、戦時特例で昇進w)がやって来た。再会を喜んだ後、挨拶回りに出かける。
 
 今回挨拶回りにお伺いしたのは以下のサークルである。

 割箸出版 秋姉妹メインの椰麟祭時代から面識のあるサークル。個人的に割箸Pの書かれる秋姉妹は可愛いと思うのである。新刊の秋姉妹も美味しく頂きました。
 俺の不手際 マリアリ仲間の角の人さんのサークル。新刊のマリアリ学園生活は宿舎帰ってから読んだけど、悶絶…! すばらしいマリアリでしたー
 ひまわりそーだ あっきゅんオンリーでのお隣さん。可愛い巫女妖精ズの新刊は頬が緩む・・・!
 よんのきのまま 御存じ日曜日の人が所属するサークル。今回はちぇんちぇんとは違うやや高めの等身のチルノのお話。その等身が変得る事の出来る画力の高さに驚愕。今回も素晴らしい一冊でした。
 2to7 アリス好きの絵師様みのる氏のサークル。会社のマグカップが欠けて損壊していたので可愛いニャリスのマグカップを購入。勿論、新刊もオマケのコピ本も堪能させていただきました。
 S.Dカクテルパーティー でみせ氏所属のSSサークル。 今回は人気順位50位以下合同なる合同誌を持ちこんでいた。東方のキャラは魔理沙とアリスが一番好きだけど自分的には特に苦手なキャラはおらず、この合同誌を読んでいると色んなキャラで書いてみたいなぁと思ったりもした。
 ねこ屋敷 タナバンにとっては御馴染のサークル。今回は初となる咲夜さんコスに挑戦したさくら氏と、SかMかどっ
ちの咲夜さんが好きでショーと言う翠姉様が喜びそうなタイトルの合同誌が印象的でありました。(タイトルはアレですが、良い子でも楽しむ事ができます!!)(ぇ
 劇団文七 野田文七氏の運営するSSサークル。あっきゅんオンリーの際、TLで話題になっていた「ある物」を読んだ旨と感想を伝えた。いやぁ、ゴンドラと言う密閉空間でキスして下まで行っちゃった程度のマリアリが精いっぱいのタナバンには、ゴンドラメリーのあれは刺激が・・・(ぉ
 東方エレクトロンゲーム工房 ととと。氏が所属しているノベルゲームの開発を手掛けているサークル。ノベルゲームにはあまりなじみが無かったが、氏のおかげでとっつきやすくノベルゲーに振れる事が出来た。また、氏は絵師であり、本編のイラストも堪能させて頂いた。
 囲炉裏茶房 かわいいアリスが目印の茶太丸氏が運営するサークル。新刊のマリアリが子育てする本#がツボ過ぎる(個人的には、魔理沙とアリスが愛娘を愛でるシーンを書きたいので)

 こうやってイベント毎にお会い出来る事を喜びながらサークルスペースに帰り、お隣の凡氏と愛故にアリスを縛る等と(!?)と言うお話をしていると、時間は10時30分。
 
イベント開始の挨拶と共に、一般参加者が弾幕宜しく流れ込んでくる…大⑨州東方祭の幕開けである。

イベント開始後は、時枝さんの積極的な呼び込み(凄い、俺もアレ位やるべきだな)を聞きながら、来訪者に対応。
その過程で、串カツオフでもお世話になった、あおうめひたち氏がやってきてお菓子を頂いた。また、個人的に尊敬しているSS書きのコル・レオニス氏と握手をしたり、紅吏朱名から差し入れを頂いたり、梯子さんやでみせさんと並ぶと、綺麗に数字が並ぶと指摘してくれたゆっくりっど氏や白猫ビーム氏に梯子のぼり氏に腹パンしても良い等と言う許可を頂き(但し未遂)とお会いする等、新しい出会いもあった。
一方で、昨年の椰麟祭でお会いした恵野氏(今回のゲスト挿絵を書いて下さった工場長さんの妹との事w)や紅楼夢でお会いしたらすね氏や冬草氏等ともお会いした。
そして、これまた串カツオフでお世話になった楓香さんがさとりんコスで、タナバンにM93Rを付きつけると言う珍事も発生。

(タナ凸)<中の人もお手上げだ!!


…イベントでホールドアップされたのは初めてであるw 時枝さんと爆笑しながら、まったりとした時間を過ごした。新刊をお求めに来てくれた方が居る一方で、文庫本サイズの時枝氏の本が結構出てる事に気が付いた。
コストダウンの為に大判で刷って居るのだが、文庫サイズは持ち運びが効くのが最大の魅力と言う事を時枝氏から学んだ。確かに自分の本が持ち運び可能で、何処でも読めるのだとすれば…

(タナ凸)<どこでもマリアリ充できるよ!!

 文庫本サイズの本の制作を真剣に検討するタナバンであった…

 さて、今回のイベントは食べ物に関する事も少し振れておきたい。まず、時枝さんが持って来てくれた「マンハッタン」に付いて説明する必要があるだろう。さて、この「マンハッタン」とは、九州でしかお目にかかれないリョーユーのパンで、ドーナッツにチョコレートがかかったボリューミーな一品である。
今回、相棒の不参加が確定した直後、時枝氏に救援要請を出した後の雑談に上がったこの「マンハッタン」何故、神戸在住のタナバンが知っているかと言うと、国民的家庭の料理漫画・クッキングパパで読んだからである。レポート後編で詳しく述べるが、タナバンが物心付いた時から読んでいた漫画であり、多分人生で一番読んだ漫画でもある。
噂通りのボリュームで、一つで十分お腹が膨れる。それで120円いかないのは立派である。
また、大⑨会場内でもお弁当が販売されていた(しかも、パッケージはミスティア)りする。特筆すべきはこの日が節分と言う事で、恵方巻が売られていたのでとりあえず購入。
 恵方をコンパスで推測しながら、豪快にかぶりつくも4本はちょっと多かったような気がする。(相棒と一緒なら、苦も無く食えたのだろうが…)

 そんなこんなで、あっという間にイベントの時間は過ぎ去り、万雷の拍手と共にイベント終了。終了後にやってきた双角大尉、及びあおうめひたち氏と談笑しながら撤収準備を行うタナバン。
 終了後のお楽しみ、飲み会に移行する前に、アフターに出した景品の行方を見届けるために会場に残るタナバンと、買い物があるという時枝氏と別行動を取る事に。
 大規模なダンス大会の後、アフターのじゃんけん大会に以降。すんなりと出した景品…今回は、相棒が書いた雛(実は初めて見る!)の色紙と、新刊一冊のセット。それがすんなりと出て来て、無事に嫁いで行ったのを見届けてから、西日本総合展示場を後にした。
 前回のイベントで不安材料だった携帯をiPhone5に変え、予備バッテリーまで容易したのに電池が怪しかったのでここは一回宿舎に戻ってから時枝氏との合流を図る事に。

 17:00

 今回の宿舎である東急インに到着。チェックインを済ませて、部屋の鍵を渡された所でタナバンはある事に気が付いた…
 
 (タナ凸)<うほっ、いい⑨…

 1109号室。今日のイベントに相応しい部屋ではないか…iPhone5を充電し、しばしの休憩を取った後、時枝氏に連絡を取る。彼と宿舎ロビーで合流する旨を確認し、iPhone5のバッテリーがある程度回復した所で行動再開。
 時枝氏と共に、店を探して少しばかり彷徨った所で、丁度良い店が見つかり、小倉駅付近の爆安居酒屋 くぅ~ちゃんへと突入。

 18:00 大⑨デブリーフィング開始

 くぅ~ちゃんに入って、念願のモツ鍋を含むコースをオーダーしたタナバンと時枝氏。ビールが来た所で、とりあえず乾杯。モツ鍋メインのコースであったが、その他の料理も充実しており、とても満足。

 さて、今回は初のサシ呑みと言う事もあり、時枝氏と様々なトークをする事になった。これまで、一緒に飲む機会も多かったのだが二人で話す事は中々無かったのだ。気さくな時枝氏とのトークはそれはもう弾みに弾んで大盛り上がり。
 イベントの事から始まって、創作の事のみならず、プライベートな事とかまで話に及んでいった。まるで、長年来の友人と喋っているかのような感じがして、とっても楽しかった。創作では秘封のお話で盛り上がる、前回のあっきゅんオンリーで秘封を始めて書いたタナバンであったが、時枝氏は秘封の長編小説を書いている中々の猛者。独特な雰囲気を持つ蓮子とメリーのお話を考えるに当たり、昨年はCDが二枚も出て色々と設定が追加された事や、メリーが蓮子の目元に手をかざすと世界を共有できるのに対抗して、タナバン自身が設定したアリスが魔理沙の目元に手をかざすと、アリスとリンクしている人形達と視野を共有できるのも良いよね!等と言った話もした。
 秘封はちゅっちゅに付きる等と酔った勢いで言ったような気もするが、時枝氏が言うようなミステリアスな世界観を醸し出す話も書いてみたいなぁと密かに思ったりもした。

 楽しい時間は過ぎるのも早く、あっという間に制限時間。店を後にしたタナバンは時枝氏にゲスト参加の謝礼も兼ねて今回の新刊をお渡しし、例大祭でお会いする事を確認してからのお別れ。

 一人になったタナバンは、強烈な眠気を覚えて部屋に戻った…

 21:00 

 部屋に帰ったタナバンは、相棒に戦績を報告してから、本日の戦利品に目を通す。本日の戦利品で特筆すべきは、やはり「ヤゴの穴」の本であろうか。タナバンが東方にハマり始めた頃に必ず買っていた位好きなサークルだったのだが、活動休止に。
 今回のイベントでその名前を久々に見たので、活動を再開したのかなぁと思って言ってみる事にしたのだ。
 
 (タナ凸)<…いやぁ、憧れの作家さんと会うのは緊張するなぁ

 ヘラダミツル氏に昔からファンだった旨を伝えると、路線を変えて今は書いてるよとの事。いずれにしても可愛らしい絵柄をこうして拝めるのは眼福と言うより他ならない。
 
 だが、眼福な自分に襲いかかる容赦無い眠気がやがてタナバンを眠りにいざなう。長旅の後のイベント、そしてアフターとかなり疲弊していたのか、目を閉じたら一気に意識を持ってかれてしまった。

 楽しいイベントの余韻に浸りつつ、翌日どこ回ろうかなぁと考えながら…

 

 ―2日目 タナバン少佐のぶらり一人旅編へ続く

大⑨出撃前、お品書きやら当日の事とか。

 さぁ、いよいよ大⑨も明日ですね!

 と、言う訳で大⑨前最後のブログ更新をさせて貰います。

 まず、アトリエ=ダルサラームの配置位置ですが…

サークルスペースは 三―41です!

 そしてお品書きの方ですが

オフセットの部
『恋色MagicalLife~Vol.3 恋色Travelers』(本文212p・新刊!)・1000円 
『秋の夜長は「読(毒)」書に限るわね? ―漢字がちがうでしょ? ―物騒だぜ。』(東方紅楼夢8既刊)・600円
『月のお姫様』(東方椰麟祭第三幕既刊)・300円←在庫僅か!

コピ本の部
『阿求の外界訪問記 ~求問と秘封、恋色の交錯~』(本文35p第二版)・200円

そして、以上の品を一点でもお買い上げの方に

「もーっと☆マリアリInウィスラー」

を無料進呈!!

なお、セット販売としましては九州を急襲した記念として…

恋色新婚旅行ハネムーンセット(上記全ての品を含む5点セット)を1800円(300円お得!)とさせて頂きます。

なお、月のお姫様が無くなっても、上記4点のセットを恋色新婚旅行セット1500円(300円お得!)で販売させて頂きます!

 あと、アフター向きに、相棒ゼンマイじかけ君が書いてくれた雛の色紙があります!残念ながら当日は、スペースに居ませんので、スケブは受け付ける事が出来ませんのでご了承ください。

 変わりに、今回の新刊にゲスト参加してくれた時枝ゆーと氏が売り子として緊急参戦!

 彼の頒布物は…

 「ランチタイム」(色んなキャラが織り成す短編集)
 「狂愛パラドックス」(マリアリメインな恋物語)

 両方とも500円での販売となります。

 ではでは、長くなりましたが明日は大⑨の戦場でお会いしましょう!
 
 サークルの目印はアイコンでお馴染み『タナバン専用ジム三号機!』です!! 

 
プロフィール

タナバン=ダルサラーム

Author:タナバン=ダルサラーム
ジム系量産機マニアのガンプラビルダーのSS書きで、東方(マリアリ)艦これ(高雄さん)と百合とカレーを愛する、生粋のガンランサーで戦闘機乗り。

プロフ画像は、自作のマイジム、ツイッターのアイコンにもなっているRMS179C+FXA-05DC ハイパージム

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR